So-net無料ブログ作成
検索選択

THE ハプスブルク [エンタメ]

美術館・・というところに、足を踏み入れることは、あまりないのですが・・・
あまり・・・というより、ほとんど皆無なんですけどね・・・・

でも、ミュージカルエリザベート好きの人は、見るべし!!

と言う、友人の言葉もあり、行ってきました。

・・絵は・・よく、わかりません・・・・

でも、何点かは、心惹かれる作品もありました。


そして、やっぱり、一番見たかったのは
シシィの肖像画です。

P1001473.jpg

この有名な肖像画が、やってきていました。
この絵の前は、さすがに、ひとだかりでした。
繊細に描かれたシシィの肖像画は、想像以上にきれいでした。
それ以上に、繊細に描かれていたのは、その隣に展示されていた、
フランツヨーゼフの肖像画です。
本当に、これが絵なのか?と思うような繊細なタッチ
装飾などは、浮き出て見えます。
真珠は、触ったら、ぽろり・・と、取れてしまいそうなかんじがしました。

この絵を見ることが出来て、よかったなぁ~
と、感じました。

そのほかにもウィーン美術史美術館とブタペスト国立西洋美術館(ハンガリー)の所蔵品からハプスブルク家ゆかりの名品を選りすぐり、絵画と、美しい工芸品が出展されていました。

私は、絵より、食器などのほうが、興味がありました。
美しい装飾を施した食器は、食器というより、工芸品でした。
特に、シャーベット用のセンターピースは、目を惹きました。

また、明治天皇が、フランツヨーゼフとエリザベートに贈ったという、絵画なども、目を惹くものでした。

絵画や彫刻、美術品・・というものにまったく興味のない私が、よかった~
と、思う展覧会でした。
ぜひ、一度、見に行ってみてください。

来年1月からは、京都で開催されます。

P1001474.jpg

切手もかっちゃった・・・

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。